専門家も驚愕するマインクラフトの学習効果と発達障害への効果

マインクラフト

専門家も驚愕するマインクラフトの学習効果と発達障害への効果

■創造性が鍛えられ、仲間との協調性が養われる

このゲームにはストーリーもなければ目的もなく、キャラクターも登場しません。従来のゲームに慣れた大人から見ると「何が面白いの?」という側面もあるかもしれません。しかしマインクラフトは、このデジタル世界でどうやってモノを動かせば建物やアイテムが作りだせるのかを理解し、頭の中で想像した『構想』や『理想』の世界を創意工夫しながら生み出し、友だちと話し合いながらこの世界を創り出していくといった、理解力や想像力、仲間との協調性を育むことができる点が、教育的な観点からも有効だと考えられているのです。

■サバイバルモードで問題解決能力を鍛える

マインクラフトにはサバイバルモードというゲームモードがあります。プレイヤーの分身となるキャラクターが何も持たない状態で世界に投げ出され、そこから試行錯誤をしながら生活していくというもの。チュートリアル(個別指導)である程度の指針は提示してくれますが、基本的に自分で考えて行動し、遭遇する諸問題に対して自分なりに解決策を考えて対応していきます。

コンピューターサイエンスの知識、テクノロジーの基礎が学べる

マインクラフトには上級者的な要素として、レッドストーン回路と呼ばれる機械装置を作るためのアイテムが用意されています。レッドストーンは電気を通すワイヤーのような役割を果たし、ブロックと組み合わせることでドアを開けたり、ピストンで押したり、スイッチを用いたON/OFF機能付きの照明といった簡単な装置からエレベーター的な昇降装置、果ては巨大ロボットといったものまで様々な装置を作ることが可能で、テクノロジーの基礎を学ぶことが出来ます。

マインクラフトは自閉症やADHDに効果があるのか?

基本的な1人プレイでは、夜になるとモンスターが襲ってくるので、昼の間にモンスターから身を隠すための建物を作る必要があり、その作業には集中力や計画性、時間管理能力といったものが求められます。また、さまざまな材料を組み合わせて工作することで、創造力を育てることが可能。LearningWorks for Kidsによれば、こういったマインクラフトの教育的要素が自閉症やADHDに良い効果をもたらすそうです。

コミュニケーションに障害・困難が生じたり、こだわりが強くなったりする精神障害の一種の自閉症には、他者との協力が必要不可欠なマルチプレイヤーモードが有効とのこと。自閉症の子どもは自分が建てたい建物だけに一生懸命になると思われそうですが、マルチプレイヤーモードであれば自分の目標を達成するためには、どのように他のプレイヤーと協力していくかがカギになるので、必然的にコミュニケーションについて学習できるというわけです。

出典 http://gigazine.net

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう